車検切れで交通事故を起こしたときの罰金や保険による補償の仕組み

0120-444-818
コラム

車検切れで交通事故を起こしたときの罰金や保険による補償の仕組み

事故を起こした場合は?

交通事故により車検切れが発覚した場合は、無車検運転や事故による罰則が重なるため、頭によぎるのは「罰金や損害賠償を支払えるか(受け取れるか)」という点です。

被害者が車検切れでも加害者から損害賠償を受けられますが、車検切れ車両の多くは自賠責保険や任意保険による補償を受けられないため、加害者の補償だけでは損害に対する費用が不十分になる可能性があります。

加害者が車検切れかつ支払い能力がなく支払いが困難な場合は、被害者が費用を負担することになってしまうものの、国の制度により一部を補償してもらうことが可能です。

今回は、車検切れ車両で交通事故を起こしたときの罰則や、自賠責保険や任意保険による補償の仕組み、損害賠償を負担してくれる「政府保障事業」についてご紹介します。

車検切れ車両で起こした交通事故の罰則は重い

車検切れ車両での事故は、無保険・無車検運行による罰則と事故による罰則が併科されます。

無保険・無車検運行による罰則は、違反点数が12点、90日間の免許停止、1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金が科せられます。

これに加え、事故による罰則により、最大150日の免許停止、もしくは最大3年の免許取消があり、人身事故により相手に後遺障害が残ったり死亡させてしまったりした場合は、20万~50万円の罰金に加え数千万円の損害賠償を請求されることもあるでしょう。

罰の重さは前歴や累積点数、被害者のケガの程度により変わりますが、車検切れ車両で事故を起こした場合、今後の人生に関わる取り返しのつかない罰則を受けることを覚悟しなければいけません。

人のケガがない物損事故の場合は、点数の加算や罰金はなく、器物の損害賠償のみです。

自賠責保険・任意保険による補償を受けるのは難しい

自賠責保険とは、事故による相手のケガや後遺障害、死亡に対して補償される保険です。
自身のケガやお互いの車両に対しては補償されません。

対して任意保険とは、自賠責保険の補償だけでは払いきれなかった相手の医療費や、自身のケガやお互いの車両をはじめ代車や弁護士の手配など、自賠責保険で補償できない部分をサポートする保険です。

通常、交通事故によるケガや故障などは、加害者と被害者の双方の保険により補償します。
補償額は、過失割合(事故に対する責任)により決定します。
なお、車検切れであることが過失割合に影響することはありません。

車検切れ車両で事故を起こしてしまった場合、自賠責保険は車検切れと同時期に契約が切れることが多いため、自賠責保険による補償を受けられないことがほとんどです。

任意保険は契約期間中であることもありますが、契約会社によっては車検切れ車両だと補償されないことがあります。

加害者の車が車検切れの場合

加害者が払うべき医療費・修理費・慰謝料などの損害賠償は、加害者車両の自賠責保険および任意保険が無効だと補償されず、すべて加害者の自己負担になります。
また、無車検・無保険運行や事故による罰金も発生するため、加害者は莫大な債務を抱えることになります。

加害者に支払い能力があれば損害は問題なく賠償されるはずですが、賠償できないケースのほうが多いでしょう。
また、加害者が自己破産を届け出れば、債務は免除されてしまいます。

この場合、被害者自身で医療費や修理費をを負担しなければいけないのでしょうか。

「政府保障事業」により国が負担してくれる

加害者が損害を賠償できない場合は、国土交通省が法定限度額内で費用を負担する「政府保障事業」という制度を利用できます(利用できるのは被害者のみ)。

政府保障事業を利用する場合は、印鑑登録証明書や交通事故証明書のほか、事故の種類(傷害・後遺症・死亡)に則した書類を用意し、損害保険会社(組合)で申請しましょう。

なお、示談で定めた賠償金が加害者から被害者に支払われている場合、政府保障事業を利用できなくなってしまいます。
事故に遭った際は示談で解決せず、保険会社に相談するようにしましょう。

被害者の車が車検切れの場合

被害者が車検切れで保険が無効の場合、加害者の保険のみでの補償となります。
しかし、過失割合次第では補償額が低くなり、必要な費用の一部しか補償できないことがあります。

このとき、被害者が追加で費用を請求しても、加害者には補償額以上に費用を支払う義務はありません。
被害者がしつこく交渉してくるようであれば、「保険会社に示談を禁止されている」というように答えるなどして、保険会社を通して交渉するように促すのがいいでしょう。

もらい事故で損をしないためにも車検は通しておきましょう

駐車場にとめていてぶつけられるなど、被害者側に過失が一切ない「もらい事故」の場合でも、車検切れで保険が無効になっていると十分な補償が受けられず損してしまうことがあります。

車検切れのまま放置すればするほど、もらい事故による損失のリスクは高まっていきますが、車検を通すのに必要な仮ナンバーの申請や運送の手配などの時間を確保できず放置してしまいがち。

出張車検サービス「クリック車検」であれば、お電話やネットでお申し込みから見積もりが完了し、車両の運送も無料で行ないます。
仮ナンバーの申請も代行するため、お客様にかかるお手間はお申込みと最後の確認のみです。

故障で動かない車や、車検切れ車両でもバッチリ対応いたします。
ぜひ一度、無料お見積りをお試しください。


かんたんお見積り ご予約・お申し込み

【対応エリア】

東京都 23区: 足立区|荒川区|板橋区|江戸川区|大田区|葛飾区|北区|江東区|品川区|渋谷区|新宿区|杉並区|墨田区|世田谷区|台東区|中央区|千代田区|豊島区|中野区|練馬区|文京区|港区|目黒区
東京都 市部: あきる野市|昭島市|稲城市|青梅市|清瀬市|国立市|小金井市|国分寺市|小平市|狛江市|立川市|田無市|多摩市|調布市|西多摩郡日の出町|西多摩郡瑞穂町|西多摩郡奥多摩町|西東京市|羽村市|八王子市|東久留米市|東村山市|東大和市|日野市|府中市|福生市|保谷市|町田市|三鷹市|武蔵野市
川崎市: 麻生区|川崎区|幸区|高津区|多摩区|中原区|宮前区
相模原市: 中央区|緑区|南区
埼玉県: 朝霞市|入間市|入間郡三芳町|狭山市|志木市|所沢市|新座市|富士見市|ふじみ野市|和光市

ページ先頭へ戻る