車検の際に必要な納税証明書を紛失!どうすればいいの?

0120-444-818
コラム

車検の際に必要な納税証明書を紛失!どうすればいいの?

証明書紛失で困ったどうしよう

車検を行う場合にかならず用意しなければならない書類はいくつかありますが、「納税証明書」を紛失してしまった、というトラブルは少なくありません。
紛失したままでは、車検に合格しても新しい車検証の交付を受けることができません。どのように解決すればよいのでしょう? 

納税証明書の再発行は可能です!

自動車税をしっかり納めているならば、納税証明書は再発行をしてもらうことが可能です。お住いの都道府県の税事務所や、運輸支局場内にある自動車税事務所などで、再発行を受け付けています。(軽自動車ならば、市区町村の納税課にて受付可能です)
その手続きに必要となる書類は、地域ごとに異なりますので、あらかじめ問い合わせておいた方がスムーズです。最低でも車検証は求められるはずなので、用意しておきましょう。

もしも納税証明書を紛失したまま、車検満了日を過ぎたらどうなるの?

納税証明書を紛失したまま車検の満了日を過ぎてしまうと、当然のことながら、その車は公道での運転ができなくなります。納税証明書を無事に再発行してもらった後で、車検を受ける必要があります。
仮ナンバーを取得するか、車をけん引して車検場へと持ちこむ必要があります。手間が増えてしまいますので、余裕をもって車検を受けましょう。

中古車を購入した場合は要注意!

昔ならば、中古車を購入すると納税証明書が付属してくるのが普通でしたが、近年では個人情報保護の観点からか、納税証明書は付いてこなくなりました。
自動車税の納税義務が発生するのは、毎年4月1日の午前0時の時点での所有者です。中古車を購入すると、前の所有者が納税した車を、車検に出さなければいけない場合があるのです。
手元に納税証明書がなければ「納税義務なし」の納税証明書の発行を受ける必要があります。この書類についても、通常の納税証明書と同じような手順で再発行が可能です。中古車を購入する場合は販売店へ、個人で売買するときは前の所有者に確認しておきましょう。

納税証明書を紛失した場合は、すみやかに再発行しましょう

ご覧いただいたとおり、納税証明書を紛失しても再発行は可能です。ただし手続きに手間取ってしまうと、車検満了日を過ぎて運転できなくなる、などのトラブルが発生します。
納税そのものを忘れないのはもちろんですが、納税証明書は紛失しないよう、車検証と一緒に保管しておきましょう。直前になって慌てないため、車検の満了日が近付いたら早めに受けてしまった方がよいかもしれません。

ピックアップ記事


かんたんお見積り ご予約・お申し込み

【対応エリア】

東京都 23区: 足立区|荒川区|板橋区|江戸川区|大田区|葛飾区|北区|江東区|品川区|渋谷区|新宿区|杉並区|墨田区|世田谷区|台東区|中央区|千代田区|豊島区|中野区|練馬区|文京区|港区|目黒区
東京都 市部: あきる野市|昭島市|稲城市|青梅市|清瀬市|国立市|小金井市|国分寺市|小平市|狛江市|立川市|田無市|多摩市|調布市|西多摩郡日の出町|西多摩郡瑞穂町|西多摩郡奥多摩町|西東京市|羽村市|八王子市|東久留米市|東村山市|東大和市|日野市|府中市|福生市|保谷市|町田市|三鷹市|武蔵野市
川崎市: 麻生区|川崎区|幸区|高津区|多摩区|中原区|宮前区
相模原市: 中央区|緑区|南区
埼玉県: 朝霞市|入間市|入間郡三芳町|狭山市|志木市|所沢市|新座市|富士見市|ふじみ野市|和光市

ページ先頭へ戻る