車検切れ車両の税金(自動車税)納付書が来ない理由と一時抹消の方法

0120-444-818
コラム

車検切れ車両の税金(自動車税)納付書が来ない理由と一時抹消の方法

車検切れ車両の自動車税納付書が来ない理由と抹消登録(廃車)の方法

ナンバープレートに思い入れがあったり、抹消登録が面倒だったりで放置している車検切れの車にも、税金(自動車税)が課税されていることはご存知でしょうか。納付書が届かなくなることがありますが、課税が免除されているわけではありません。万が一、未納が脱税や延滞とみなされると、高額な罰金や懲役が科せられるため、車検切れの車が課税対象にならないよう抹消登録を済ませたほうがいいでしょう。

今回は、自動車税納付書が届かない理由や未納・滞納の罰則、抹消登録の方法などをご紹介します。

車検切れの車に自動車税納付書が届かない理由は?

車検切れの車を所有しているにもかかわらず、自動車税納付書が来ないことがあります。本来であれば毎年5月上旬に届きますが、制度による課税の保留や手続きの不備があると届きません。

自動車税課税保留制度

自動車税課税保留制度とは、車検切れの車に対する自動車税の課税が保留される制度です。通常、自動車税は4月1日時点で車を所有している者が課税対象になります。所有する車の車検の有無や使用状況は考慮されないため、車検切れで放置している車だとしても納税しなければいけません。ところが、年度末(3月)までに車検が切れそのまま4月を迎えた車は、「使用されていない」と都道府県が判断し、課税が保留されることがあります。この場合、5月を迎えても納付書が届かないのです。

あくまでも「保留」であり「免除」ではないため、再度車検を行うと保留分も含めて課税が再開されます。車検が切れて数年が経過している場合は、最大3年分+今年度の自動車税を納めなければいけません。さらに気を付けてほしいのが、以上の内容は一例であり、「自動車税課税保留制度は都道府県で対応が違う」という点です。自動車税の納付書が来ない理由を詳しく知りたい方は、県税事務所、自動車税事務所、役所の税務課にお問合せください。

車検証の住所変更が済んでいない

引っ越しなどで住所が変更になった際、車検証の住所変更が済まないと新しい住所に納付書が届きません。知人やオークションから購入した車の場合は、売り主が手続きを行っていないか、遅れていることが考えられます。

手続きが済まないと売り主に課税され続けますので、連絡を取り合って状況を確認しましょう。住所変更の手続きは、乗用車であれば運輸支局(陸運局)、軽自動車は軽自動車検査協会で行えます。

自動車税の払い方 未納・滞納するとどうなる?

自動車税は、コンビニ、金融機関、自動車税事務所、県税事務所で支払えます。支払いは基本現金のみですが、都道府県の特設サイトであればクレジットカード決済での支払いも可能です。

クレジットカード決済は、自宅に届いた納付書に記載されている納付番号と確認番号を利用します。パソコンやスマートフォンから支払いが行え、クレジットカードのポイントも溜まり便利ですが、納税証明書の発行が二週間以上かかることがあるほか、領収書も発行されないこともあります。証明書や領収書が必要な車検などの手続きが間近に迫っている場合は注意が必要です。納付書の有効期限が切れている場合は、県税事務所や自動車税事務所に連絡して再発行してもらうか、直接訪れて納税しましょう。

また、自動車税課税保留制度があるのであれば、納税の必要はないと思うかもしれません。しかし、延滞や脱税とみなされると重い処罰が下されてしまうことも。延滞したとみなされると、税額に延滞金が上乗せされ、最終的には財産が差し押さえられることもあります。脱税とみなされると、五年以下の懲役もしくは百万円以下の罰金、もしくはこの両方が科せられます。

これらの処罰を受けないためには、自動車税をしっかり納税することが必要です。もしくは、車検切れの車は速やかに抹消登録を行ない、課税されないようにしましょう。

抹消登録(廃車)を行うメリット

抹消登録には、永久抹消登録と一時抹消登録の二種類があります。永久抹消登録は廃車にする車、一時抹消登録はいずれ使う予定のある車に行なう手続きです。どちらを行なっても、自動車税の課税対象から外れることができます。ただし、前年度分の未払い自動車税が免除になることはありません。

抹消登録は、車検証やナンバープレートに記載されている「使用の本拠」を管轄する運輸支局で手続きします。それぞれの必要書類は国土交通省のページ「自動車の使用をやめたまたは、解体等または輸出する場合(抹消登録)」にてご確認ください。

抹消登録を行うと、過払いしている自動車税の還付も受けられます。自動車税は、基本的に一年分を一括で納税します。年度内に抹消登録を行うと、手続きした月の翌月から年度末までが過払いの状態です。つまり、1月に抹消登録をしたら、年度末である3月までの二か月分の自動車税が還付されます。

早い時期に抹消登録を行なえば、還付される税金の金額も多くなります。罰則のリスクもなくなるため、車検が切れたら速やかに一時抹消を行うことをおすすめします。


かんたんお見積り ご予約・お申し込み

【対応エリア】

東京都 23区: 足立区|荒川区|板橋区|江戸川区|大田区|葛飾区|北区|江東区|品川区|渋谷区|新宿区|杉並区|墨田区|世田谷区|台東区|中央区|千代田区|豊島区|中野区|練馬区|文京区|港区|目黒区
東京都 市部: あきる野市|昭島市|稲城市|青梅市|清瀬市|国立市|小金井市|国分寺市|小平市|狛江市|立川市|田無市|多摩市|調布市|西多摩郡日の出町|西多摩郡瑞穂町|西多摩郡奥多摩町|西東京市|羽村市|八王子市|東久留米市|東村山市|東大和市|日野市|府中市|福生市|保谷市|町田市|三鷹市|武蔵野市
川崎市: 麻生区|川崎区|幸区|高津区|多摩区|中原区|宮前区
相模原市: 中央区|緑区|南区
埼玉県: 朝霞市|入間市|入間郡三芳町|狭山市|志木市|所沢市|新座市|富士見市|ふじみ野市|和光市

ページ先頭へ戻る