車検切れの車を運転するリスクとは【罰則・損害賠償・取り締まり】

0120-444-818
コラム

車検切れの車を運転するリスクとは【罰則・損害賠償・取り締まり】

車検が切れた時の罰則

まわりの人からの指摘や、事故に遭ったときに気づくことも多い車検切れ。

車検切れのまま公道を運転すると、免許停止や懲役、罰金などの重い罰則が科せられてしまうほか、万が一事故を起こしてしまうと莫大な損害賠償も発生し、取り返しがつきません。

他にも、自動車税やもらい事故などで一方的に損をしてしまう可能性もあるため、車検切れの車は改めて車検を行うか、抹消登録や売却するなど早めに処分するのが安心です。

今回は、車検切れのままだと受ける可能性がある罰則や自動車税などの罰則や、罰則を回避するための対処法をご紹介します。

車検切れの車を運転したことにより受ける罰則

車検切れの罰則
車検切れの車やバイクを公道で運転(無車検車運行)すると、罰則として免停・罰金・懲役が科せられます。
また、車検と同時期に契約期間が終了する自賠責保険も切れていると、無車検車運行による罰則に無保険車運行による罰則が加算され、違反点数、免停や懲役の期間、罰金の金額がさらに大きくなります。

・無車検車運行の罰則

 違反点数(6点)
 免許停止(30日間)
 6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金

・無保険車運行の罰則

 違反点数(6点)
 免許停止(30日間)
 1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金

・無車検車運行かつ無保険車運行の罰則

 違反点数(12点)
 免許停止(90日。単純な合計ではなく、点数により日数が変わるため。)
 1年6か月以下の懲役もしくは80万円以下の罰金

知らずに運転しても罰則を受けるの?

車検切れとは知らずに運転していた場合は、罰則は受けず厳重注意で済むことがほとんどですが、運転者に故意や悪意があると判断された場合は現行犯で捕まることも。

また、車検切れの公用車(社用車)を運転した場合、公用車の所持者である企業だけではなく、運転者も罰金刑が科せられます。
公用車の車検期間は見落とされがちで、無車検運行による書類送検のニュースは後を絶ちません。
罰則を受けないためには、自家用車・公用車を問わず、車検の有効期限を定期的にステッカーや車検証で確認することが必要です。

交通事故による損害賠償や罰金はどうなる?

交通事故画像
車検切れの車が抱える最も大きなリスクは、交通事故による損害賠償です。

通常であれば、損害は自賠責保険や任意保険による保証金で賠償しますが、車検切れの車はどちらの保険も無効なことがほとんどのため、自己負担で損害を賠償しなければいけません。

もらい事故をするとどうなる?

さらに、自身にまったく過失のない「もらい事故」でも損をしてしまうことがあります。
相手が支払う補償額は保険会社により上限額が決まっているため、補償額の上限額を超えた分の修理費は被害者の保険で負担しなければいけません。
ところが、任意保険が無効だと補償金が発生しないため、被害者であるにも関わらず修理費を自己負担する必要が出てきます。

人身事故を起こすと、多いと数百万円から数千万円の損害賠償と罰金が発生します。
これに加え、無車検車・無保険車運行による罰金も科せられ、支払い能力をはるかに超えることがほとんどです。
車検切れの車での運転は非常にハイリスクであるため、決して行わないようにしましょう。

物損事故の場合は罰則はないため、科せられるのは無車検車・無保険車運行による罰則と損害賠償です。

車検切れの取り締まりが強化される

9c31e32846c63ffda788a0cbf518f72e_s

2014年度から強化されてきた車検切れの車の取り締まりが、2018年度から導入される新システムによりさらに強化されようとしています。

国土交通省による2014年度の資料によると、車検切れの車が約300万台以上あるにも関わらず、街頭検査では年間約160台しか発見できていません。
また、約20万台が車検切れのまま運転されており、無保険車による事故の損害賠償を一時的に肩代わりする「政府保障事業」による支払いが年間約10億円にも上っていました。

この現状を受けて、無保険車の取り締まりを強化すべく、以前から様々な対策が行われています。

これまでに行われていた対策・取り締まり

  • ・フロントガラスやナンバープレートに貼られている検査表彰や保険表彰(ステッカー)の視認性アップ
  • ・車検切れの車の監視や通報を、ガソリンスタンドやカー用品店に加え整備工場にも依頼
  • ・一般人からも通報できるよう、国土交通省のホームページ上に通報専用ページを設置
  • ・無車検車や無保険車の所有者へはがきを送付し、所有者の失念防止・警告・実態調査を行う
  • ・街頭取り締まり、立ち入り検査や指導の実施

2017年度には、自動車ナンバー自動読取装置(Nシステム)やカメラを使ってナンバーを読み取り、車検の有効期間等の情報が記録されているMOTAS(自動車登録検査業務電子情報処理システム)や保険加入状況管理データなどから車検切れの車を発見するシステムの実証実験が行われています。

本格的に運用の開始を予定している2018年度からは、車検切れの車の取り締まりはより強化されていくでしょう。

車検切れの車は早めに車検・抹消登録(廃車)・売却しよう

廃車画像
車検切れの車は、運転したら罰則を受けるほか、放置してももらい事故のリスクが残ります。
また、車検の有無や使用状況に関わらず、車の所有者に対して自動車税が課税され続けることもデメリットです。

車検切れによる罰則や損をしないためには改めて車検を行なうか、抹消登録(廃車)および売却して処分しましょう。

車検に出す

車検を行なうには、2つの方法があります。

1つ目の方法は、自ら運輸支局(陸運局)へ持ち込むユーザー車検です。

国土交通省の自動車検査インターネット予約システムを利用するか、運輸支局へ電話して予約します。
日取りが決まったら、車検切れの車を運転するために必要な仮ナンバーを役所にて発行し、自動車検査証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書を持参の上、運輸支局へ持ち込みましょう。

2つ目の方法は、車検代行業者に依頼する方法です。

自動車検査証・自動車税納税証明書・自動車損害賠償責任保険証明書と法定費用を用意すれば、車の運送や仮ナンバーの発行など、車検に必要な手続きを代行してくれます。

車検にかかる費用は、法定費用(自賠責保険・重量税・印紙代)+点検整備料金です。
車種の重量や排気量、エコカー減税により異なる法定費用の相場は、ヴィッツなどの小型乗用車であれば約5万円。
車の劣化状況や依頼する店により異なる点検整備料金の相場は約5万円なので、10万円前後の費用が車検にかかります。

永久・一時抹消登録(廃車)を済ませる

長期間の旅行や入院など一時的に使用する予定のない車は「一時抹消登録」、故障などで車を使用しなくなったら「永久抹消登録」を済ませましょう。

抹消登録を済ませると自動車税の課税対象にならないほか、一年分の自動車税を一括で納税していた場合は、抹消登録日の翌月以降分が還付されます。
また、自動車税課税保留制度の期間中に抹消登録をした場合、保留されている自動車税の課税が免除になることがもあります。

ディーラーや買取店に売る

少しでもお得に処分するなら、売却がおすすめです。
ディーラーに売却すると新車の購入がスムーズになりますが、買取価格が相場を超えることがない上、車の状況次第では無料で下取りされてしまうことも。

買取店であれば、車検切れや故障があって動かない不動車でも買い取りしてくれることもありますし、販売用在庫確保のため相場を超えた買取価格をつけてくれることもあります。

また、車を売るなら、車を購入する人が増加する1~3月・9~10月か、車の価値が下がる前にできるだけ早く売るのがベスト。
売る前の修理や車検は、かかる費用に対して買取価格が上がらないため必要ありません。

車検切れ・不動車の処分はクリック車検にお任せください!

弊社「クリック車検」は、車検や抹消登録、買い取りを行なう出張サービスです。
お電話や弊社ホームページ上でお申込みいただき、見積もり・査定に納得いただけましたら、ご指定の日時にお車のお受け取りに伺います。

お車の状態が良ければ引き取り当日に車検を済ませることも可能なほか、代車も無料で貸し出し可能です。
リサイクル料や帰りの交通費などで意外と出費がかさんでしまう抹消登録も、クリック車検なら基本的に無料でお引き取り・手続きの代行を承っております。

お車を日常的に使う方やお休みを取りにくい方にもピッタリのサービス「クリック車検」。
お見積りも無料で承っておりますので、お気軽にご連絡ください。


かんたんお見積り ご予約・お申し込み

【対応エリア】

東京都 23区: 足立区|荒川区|板橋区|江戸川区|大田区|葛飾区|北区|江東区|品川区|渋谷区|新宿区|杉並区|墨田区|世田谷区|台東区|中央区|千代田区|豊島区|中野区|練馬区|文京区|港区|目黒区
東京都 市部: あきる野市|昭島市|稲城市|青梅市|清瀬市|国立市|小金井市|国分寺市|小平市|狛江市|立川市|田無市|多摩市|調布市|西多摩郡日の出町|西多摩郡瑞穂町|西多摩郡奥多摩町|西東京市|羽村市|八王子市|東久留米市|東村山市|東大和市|日野市|府中市|福生市|保谷市|町田市|三鷹市|武蔵野市
川崎市: 麻生区|川崎区|幸区|高津区|多摩区|中原区|宮前区
相模原市: 中央区|緑区|南区
埼玉県: 朝霞市|入間市|入間郡三芳町|狭山市|志木市|所沢市|新座市|富士見市|ふじみ野市|和光市

ページ先頭へ戻る