車検に出すタイミングはいつがベストなのか?

0120-444-818
コラム

車検に出すタイミングはいつがベストなのか?

車検に出すタイミング

どんなに整備の行き届いた車に乗っていても、2年ごとの車検が必要となります。車検の時期が近付いてくると、どんなタイミングで車検に持っていくべきか、毎回のように悩んでしまう方もいるでしょう。
実は、車検を受けるべきベストなタイミングは、月初めの平日だということをご存知でしょうか? 車検のタイミングについてぜひ考えてみましょう。

遅く受けたからといって、車検の期間が伸びることはありません

車検を受けられる期間は、満了日の一ヶ月前からとなっています。車検を通過すれば2年間更新されることになりますが、遅く受けたからといって、その期間が加味されることはありません。失効ギリギリで車検を受けたとして、得することはないのです。
何らかのトラブルがないとは言い切れないため、なるべく余裕をもって受けたほうが、いいかもしれません。

週なかばの車検がおすすめです

通勤に車を使用している方などを中心に、土日の車検が人気を集めているため、週末に殺到してしまいます。その上、いかに車検業者が休日営業を行なっていても、周囲の部品メーカーは休みである可能性が高く、その日のうちに終われる作業が長引く恐れがあります。
次いで、月曜日も依頼が増えるようです。週末に車を利用したいと考えている方が多いためと考えられます。つまり週末でも週明けでもない、水曜日付近が車検の狙い目ということです。

車検業者は月末が忙しい!

ほとんどの方が車検を遅めに受ける傾向にあるため、月末は特に殺到します。月初めと比べると、およそ3倍程度の依頼があるとも言われています。
車検は、いわば車の健康診断のようなものであり、せっかく受けるのならば、作業員が余力あるときにじっくりと診てほしいものです。そういう視点ならば、月末よりも月初めが質の高い車検を受けることができます。

カーディーラーとの兼ね合い

車検が月末に殺到するもうひとつの理由は、車の販売店が関係しています。営業成績を月単位で括っているため、新車の車検が月末に殺到しています。このことは、同時に車検の満了日が月末となる車を増やすことにもつながっています。

早めの車検を

ここまでをまとめると、月初めかつ週のなかばに車検に出すのがいちばんベストなタイミングだといえます。車検の満了日が月末だと、どうしても後回しにしてしまうものですが、早めにうけることで損することは一切ありません。早め早めの車検を心がけてみましょう。

ピックアップ記事


かんたんお見積り ご予約・お申し込み

【対応エリア】

東京都 23区: 足立区|荒川区|板橋区|江戸川区|大田区|葛飾区|北区|江東区|品川区|渋谷区|新宿区|杉並区|墨田区|世田谷区|台東区|中央区|千代田区|豊島区|中野区|練馬区|文京区|港区|目黒区
東京都 市部: あきる野市|昭島市|稲城市|青梅市|清瀬市|国立市|小金井市|国分寺市|小平市|狛江市|立川市|田無市|多摩市|調布市|西多摩郡日の出町|西多摩郡瑞穂町|西多摩郡奥多摩町|西東京市|羽村市|八王子市|東久留米市|東村山市|東大和市|日野市|府中市|福生市|保谷市|町田市|三鷹市|武蔵野市
川崎市: 麻生区|川崎区|幸区|高津区|多摩区|中原区|宮前区
相模原市: 中央区|緑区|南区
埼玉県: 朝霞市|入間市|入間郡三芳町|狭山市|志木市|所沢市|新座市|富士見市|ふじみ野市|和光市

ページ先頭へ戻る