S13 SILVIA(S13 シルビア)(日産)の車検ならクリック車検

0120-444-818

メーカー・車種別見積もり依頼

日産 / S13 SILVIA(S13 シルビア) 車検お見積もり

S13 SILVIA(S13 シルビア)(日産)の車検ならクリック車検 S13 SILVIA(S13 シルビア)(日産)の車検ならクリック車検

シルビア(SILVIA )は、日産自動車で生産されていた2ドアノッチバックタイプのクーペ型自動車(3代目、4代目には
ハッチバックが存在する。また2代目及び3代目のクーペは日産では公式には「ハードトップ」と呼んだ)。

シルビア(SILVIA )の由来は、ギリシャ神話に登場する清楚な乙女の名前から。その語源はラテン語で「森」を意味する。

5代目となるシルビア(SILVIA )S13型は、1988年から1993年まで製造販売されました。

1988年5月、発売。歴代シルビアの中で最も販売台数が多い。このモデルで当時大人気だったホンダ・プレリュード
の牙城を崩し、若者を中心に爆発的に売れた。当時としては未来的なデザインで、CMや雑誌広告のコピーでも
「アートフォース・シルビア(ART FORCE SILVIA)」と表現しており、グッドデザイン大賞を受賞した。足回りには
新開発のリアマルチリンクサスペンションが採用された。

日産はこのモデルをデートカーとして位置づけていたが、当時すでに少なくなっていたミドルクラスの後輪駆動車で、
スポーツ走行にも適した設計であったことが原因で、アフターマーケットにおいてスポーツ走行用の様々な改造パーツ
が開発され、日産の想定外の事態として、サーキットや峠などで走るための車として使用される(時に、無謀な暴走
行為に使用される)こととなった。これはS13型だけに限った話ではなく、その後のモデルであるS14型やS15型も同様。

搭載エンジンは、デビュー当初は1,800cc、自然吸気エンジンのCA18DE型(135PS)とターボのCA18DET型(175PS)
であった。1991年のマイナーチェンジ後は2,000ccのSR20DE型(140PS)とSR20DET型(205PS)に変更された。
グレードはJ's、Q's、K'sの3種で、特別仕様車の名称も含めてトランプを意識した構成になっていた。

1988年7月、オーテックジャパン製の「コンバーチブル」を追加発売。K'sを改造したものであり、製造はオープン構造の車
の生産を得意とする高田工業に委託されていました。

クリック車検では、日産 S13 SILVIA(S13 シルビア)の車検を格安価格にて承っております。
重量や車検切れの有無により料金が変わりますので、「かんたん10秒車検お見積もり!」をご参考下さい。
無料引取、無料納車、無料代車、洗車サービス付きで、ご自宅や会社に居ながら簡単、ラクラクに車検が終了致します。
車検切れ、バッテリー上がり、不動車にも対応しており、即日での対応も可能です。
自動車保険・買取・販売・売却・廃車などのご相談も受け付けております。
東京全域・川崎市全域・相模原市全域・埼玉県一部のお客様、その他無料引取エリア外でも、お気軽にご相談下さい!


クリック車検のポイント

  • 無料引取&納車・無料代車&無料洗車で自宅で簡単・ラクラク車検
  • 無料引取エリアは、東京都内全域・川崎市内・相模原市内・埼玉県一部
  • 車検切れやバッテリー上がりにも、スピーディーに対応
  • 立会い時、概算見積もりを算出するので安心
  • 朝お預かり、当日夕方のお返しも可能です。
  • 車検費用は、カード払いも可能です。一括・分割・リボも可!
  • 板金整備・修理も承ります。

【対応エリア】

東京都 23区: 足立区|荒川区|板橋区|江戸川区|大田区|葛飾区|北区|江東区|品川区|渋谷区|新宿区|杉並区|墨田区|世田谷区|台東区|中央区|千代田区|豊島区|中野区|練馬区|文京区|港区|目黒区
東京都 市部: あきる野市|昭島市|稲城市|青梅市|清瀬市|国立市|小金井市|国分寺市|小平市|狛江市|立川市|田無市|多摩市|調布市|西多摩郡日の出町|西多摩郡瑞穂町|西多摩郡奥多摩町|西東京市|羽村市|八王子市|東久留米市|東村山市|東大和市|日野市|府中市|福生市|保谷市|町田市|三鷹市|武蔵野市
川崎市: 麻生区|川崎区|幸区|高津区|多摩区|中原区|宮前区
相模原市: 中央区|緑区|南区
埼玉県: 朝霞市|入間市|入間郡三芳町|狭山市|志木市|所沢市|新座市|富士見市|ふじみ野市|和光市

ページ先頭へ戻る